TOP >> 製品情報 >> 燗銅壺

 燗銅壺とは、江戸時代中期、お酒を温めて飲むようになった頃に生まれたお酒の燗つけ器のこと。明治時代にかけてはお花見などの宴席でも使われていたそうです。この頃は熱源に炭を使用しており、燗酒と酒の肴を同時に楽しむというスタイルだったようです。熱源が扱いにくい炭ということもあり、広く普及はしませんでしたが、余暇を有意義に過ごしたいと考える、愛好家に愛用されてきました。

 当工房の燗銅壺は一般家庭での使用を前提に、熱源にIHヒーターを採用しました。IHヒーターの特性上、銅のみでは熱を伝えることはできませんので、IHヒーターと接する熱源部分には、ステンレスを使用しています。炭やガスなどと違い、換気を気にすることなく室内でご使用いただけます。

 本来、炭が入る部分を湯煎鍋として使用することができます。この部分を利用して、おでんや湯豆腐等のお料理を楽しむことができますので、一般家庭は勿論、料亭などでも愛用していただいております。

 当工房の燗銅壺はカスタマイズも自由自在。燗酒部分の数や湯煎鍋部分のサイズ等も変更できます。また、熱源部分をIHヒーター以外の都市ガス・カセットガス・炭にも変更可能な場合もありますのでご相談ください。

燗銅壺01 燗銅壺02 燗銅壺03
燗銅壺04 燗銅壺05 燗銅壺06